《君の膵臓を食べたい》を読みました。

娘が先に読んでその感想が
「面白いけど泣けなかった」だったので
うちの娘はひょっとしたら非情な人間なのではsign02
と心配したのだけど・・coldsweats02



タイトルからするとすごく重い内容かなって想像したけど
読んでみると意外にもあっさりした展開で進んで
最後にちょっと涙するって感じかな。
小説と言うよりコミックっぽい。


彼女の最期に私は正直とてもドン引きしたのだけど
他の人はどう感じたのだろう。

| | コメント (0)
|

新年早々風邪を引き熱が出ましたcoldsweats02
そして何かと嫌なことが続き
気が滅入ってたけど
やっと平穏な日常に戻りました。

明日から実家に戻るのだけど
あの人にもこの人にも連絡しようと思いつつ
平日だしみんな仕事かなとか・・
いろいろ考えてしまい
結局誰にも連絡できなかったcoldsweats01
友達が一人減り二人減り・・・
気が付けば誰もいなくなる日が来るかもsweat01
それで良いのか?
いや、良くないけど
でも会わないからって
友達じゃなくなるわけでもないしhappy01


考えてみると会いたい人はたくさんいる。
特に連絡先が分らなくなってしまった人。
すごくすごく会ってみたいな。

| | コメント (0)
|

雨の静岡に

一人暮らししている娘のhouseに初めてお泊りしてきましたhappy01
ピンクで統一された女の子らしいお部屋heart04

大学からはそんなに遠くはないけど
道幅がすごく狭いのに交通量が半端なく多い。
その上外灯が少ないから夜道が暗い。
そこがちょっと心配になった点かな。

Dscf4834
アパート近くの居酒屋さんで食事restaurant
チーズタッカルビはじめて食べましたpig
(娘とお酒を飲むのもお初でしたheart04)

自立して頑張ってる姿を見て
ホッとしたのが半分。
だけどまだまだ心配なのも半分。
たぶんこの比率はずっと変らないんだろうな。

翌日はsunで富士山日和。
日本平まで足を伸ばそうかなと思ったけど
セミナーが中途半端な時間にあったのでweep断念。
もう一泊しても良かったんだけど
レポート貯まってるって言ってたし
邪魔をしたら可哀想なのでbullettrainに乗っちゃったhappy02

| | コメント (0)
|

親にとって子供の存在は不動だけど
子供にとって親の存在は変動なんだなと思い知るweep
まとわりついて離れなかったあの頃が恋しい。
恋しがっても戻っては来ない。
だったら私は私で人生を楽しめば良いのである。

とは思ってみるけど
娘を思い出すと寂しくなるのは何なんだろう。
子離れできてないだけ。

色々言いたいこと、伝えたいことあるけど
今の娘には私の気持は届かない気がする。



 

| | コメント (2)
|

結婚記念日

24周年を迎えました。
近くのお寿司屋さんで簡単にお祝いをしました。

来年はなんと銀婚式ですhappy02

| | コメント (2)
|

«ホワイトデー